業務や作業を行なう場所を確保しよう【賃貸で拠点を発見】

貸事務所を借りる

賃貸住宅と同じ流れでよい

貸事務所を探す場合の流れは特に賃貸住宅を借りる場合の流れと変わりません。違うところがあるとすれば、最初のイメージが大事だということです。会社設立した後の、あるいは会社移転をした後のイメージが明確な場合とイメージができない場合では全く異なった結果を導く可能性があります。徳地イメージが明確でない場合は、途中で「なぜこの貸事務所を借りてしまったのだろうか」と後悔する場合もあります。後で後悔をして借り直すと余分な資金がかかります。貸事務所の場合は契約が決まるまで時間がかかりますので、事業に支障を来たすほか、取引先にも迷惑をかけてしまいかねません。

実際に見学をしてみよう

イメージが明確になったら、今度は見学をしておきましょう。日当たりがどうかという点も意外に重要です。住宅ではないため日当たりは関係ないように感じるかもしれませんが、火があたらずにいつも電気をつけなければならない暗い会社と明るい会社ではイメージがまるで違いますし、働いている人の士気も変わってきます。逆に西日がきつすぎても業務に支障を来たすのでその点も気にしておいた方がいいでしょう。また、その建物を回りも見ておくことです。建物の前の人の流れなどは貸店舗ほど重要ではありませんが、もし派遣業のように出入りが激しい場合にはできるだけ人の動線になっている場所のほうがトラブルを回避することができます。それと同時に駅から近いかどうかも重要になります。人の出入りが多い場合はできるだけ駅から近いほうが有利なのです。