業務や作業を行なう場所を確保しよう【賃貸で拠点を発見】

借主の要望に応える

オフィス空間とは。

自分の価値観で仕事を作り進める彼らにとって必要な仕事場は「何でも揃った大きな入れ物」ではなく、身の丈に合ったスモールオフィス、つまり自分の価値観を反映できるような居心地の良い空間であることを重視するといった傾向が強くなっているといえます。その声に応えるように、個性的な賃貸オフィスが続々登場しています。 また、ネット環境の充実により都心にオフィスを構える必要がなく、アジアとのアクセスの良さといった観点から、福岡に拠点を移す企業や、福岡で起業したいという人材が後を絶ちません。そのため、福岡には非常に多くの賃貸オフィスがあり、都心からだけでなくアジアの 企業からも利用されている現状があります。 既存の賃貸オフィスだけでなく、住居としての賃貸物件も有効利用しようという動きが高まっており、古い民家を改装して複数のSOHOが仕事場として使うといった新しい賃貸オフィスの提案が盛んに行われているのも福岡の特徴といえるかもしれません。

グローバルな人材確保がこれからの賃貸オフィスの未来を変えていく。

福岡で不動産を持ち空き室が悩みの種だったという貸主にとって、賃貸オフィスというのは十分に魅力的な切り口であるとともに、住居としての賃貸とは根本的に違うのだということもしっかり考慮しておく必要があるでしょう。 少人数で企業した小さな会社やSOHOで働く人にとって、オフィスは自分達の価値観をストレートに伝えられる場所となるため、立地や築年数といった条件に加えて、自分達のイメージに合わせたリノベーションを希望する傾向が強く、こういった要望に柔軟に応えていけるかどうかも契約成立の大きな鍵となることは確かです。 実際、福岡にはリノベーション物件を専門に扱う不動産会社も徐々に増えており、人気が高まっています。 また、今後増え続けるであろうアジアからの企業進出を見据え、国際感覚に長けた人材を確保していくのも福岡の賃貸オフィス業界にとって大きな課題といえるでしょう。